あ~あ。やっちまったぜ…

なにをやったのかというと、スパロボKです。

こんばんわ。トルクルです。

いや、TUTAYAに本買いに行ったら、ふと置いてありましてね。それでPVなんかも流れてて…。
ええ。火がついちゃいましたよ。俺のハートが真っ赤に燃えました。

まあ、今回はゆっくりとしたペースでやったので一週間くらいかかりましたが。もしいつものように本気でとりかかったら3日で終わる容量でしたしね。やっぱり小説と平行して進めるとどうしても遅くなります。

さて、こっから長い感想に入りますので、それでもいいという方は見ていってくださいな。



意外さて、今回のスパロボについてですが。その特徴は比較的新しい作品が多数盛り込まれていることでしょう。ガイキング(新)・ファフナー・ガンソ・新ゾイド・鋼鉄神ジーグなどですね。
ちなみに自分がお気に入りにいれた三つはオリジナル、ガンソ、ファフナーでした。

さて、ざっと個人的な解説をいれます。

まずガンソ。
一言でいうなら無敵でした。主人公のヴァンと、エルドラの爺どもが強すぎました。
今回ガンソチームはスタッフに優遇されていて、カットインやアニメーションなどが他とは一線を隔してましたね。
ステータスも圧倒的に高く、特に主人公のヴァンは格闘が400を超え(これは自分が底上げしてたのもありますが)、撃墜数もぶっちぎりのトップ。その数549機w マップ兵器も持っていないのにw それにはきちんと理由がありまして、一言で表すなら「アタックコンボ強すぎ」ということです。最大で6機を一瞬で破壊できるので、単機で突っ込ませ反撃で落とす。こっちの番がきたらアタックコンボで破壊。間違いなく今回の最強機体ではないかと思います。
続いてエルドラ。
こいつら愛されすぎですw 戦闘BGMもこいつらだけ違う専用のものだし、アニメも気合入りまくりだし(一部の技がガオガイガーでしたがw まあ、ガオガイガーの没デザインを流用してるらしいから当然といえば当然なのかもしれませんがw)、ヴァンとの合体攻撃なんて主人公を差し置いて活躍するという始末w まあ、あれだけキャラが濃く、面白く、熱いじじい達は他にいないのでしょうがないなぁっと笑って済ませられましたがw
他のメンバーも使えることは使えるんですけど、正直この二強がインパクトありすぎて影が薄くなりましたね。まあ、それでもレイ兄さんは使いましたけどね!w

次はファフナー。
原作の設定から正直どうするのか不安ではありましたがそこはスパロボでした。ちゃんとパイロット全員が助かるルートがありました! ただそのルートを選ばないとファフナーチーム全滅という最悪のバッドエンドになるらしいので…他ルートを選ぶのであればそれなりの覚悟は必要ですね。もちろん自分はハッピーを選びましたが。
使った機体は主人公機のマークザイン。蒼穹作戦メンバー3人(ジーベン、アハト、ドライ)、それと原作であまりに衝撃的な死に方をしたマークフュンフの計5機。とはいっても実際に活躍したのはザイン、ジーベン(別名マークゴルゴw)、フュンフの3機でしたが。残りの二機は合体攻撃要員でした。
自分としてはフュンフに乗ってた衛を救いたいがために救済ルートを選んだので、帰ってきたときは吼えましたねw ちなみにこのフュンフ、今作の最強盾でもあります。3000+1500無効。それにガードをつけて、鉄壁をかけると…マジンガーなんか目じゃない鋼鉄の砦ができあがります。まあ、射程はそんなに長くないので(初期は最大3)、この戦法をする人はあまりいないんじゃないかと思いますが。

次は新ゾイド。
ん~…最強武器が射程1なのと意外と避けない(ルージとレ・ミィは別です。避けます)ので使いづらかったですね。空中の敵にも最強武器が適応してなかったのでダメージ与えづらかったですし。あと初期の仲間(ルージ、レ・ミィ、ラ・カン、コトナ)以外のメンバーが入るのが遅かったのも致命的でしたかねぇ。バンブリアンとかはもっと早く入ってくれればそれなりに使えたはずなのに…。
なんか全体的に使いづらかったですね。

さらに次。
新ガイキング。
これも微妙だったかなぁ…。序盤~中盤は結構活躍したんですが、最後の方になるとルートが違うせいもあって、あまり感情移入できなかったんです。ルートが別れて合流したらすでにガイキングシナリオ終了してたんで。
あと最終形態のエネルギー食い虫っぷりが半端じゃなかったです。EセーブとE系強化パーツ、Eをフル改造してようやくまともに戦えるようになるんですよ。それに最終形態は3機合体なんだから精神コマンドも3人分あっていいはずなんですけどねぇ…。なぜか主人公一人分しかないんですよ…。がっかりです。
まあ、おそらくきっちりと育ててればヴァンを凌ぐアタッカー要員になるんでしょうけど。自分はそこまでできませんでしたね。

鋼鉄神ジーグ。
おそらくかなり強いんじゃないかと。運動性とサイズも合わさって敵の攻撃を避けて反撃で殺すというリアル系の戦いが普通にできますし、その火力はスーパー並ですし。特に最後に使えるようになる合体攻撃は今作最大火力を持ってますしね(ただこの攻撃、素のままだとエネルギーが足りなくて撃てないというネタ使用w)。自分は他のメンツが強すぎて使ってませんでしたがw

新メンバーについてはこんなところでしょうか。
あとは古参についても少し解説。

まずSEED系。キラとシンがやばかったです。キラはマップ兵器で皆殺し。シンはアタックコンボで撲殺。スパロボのシンはほんと強いです。それに比べてアスランは…。ヘタってましたねぇ…。

ゴーダンナー。
ごめんなさい。あまりつかってません。移動力がない。射程が短い。火力も他に劣るので、使いようがなかったんです…。アニメも見てないので思い入れもなかったですし。倉庫のこやしになってました。

キングゲイナー。
キングゲイナーは相変わらず避けますねぇ。雑魚掃討要員の一人でした。ただまれに攻撃に当たって死ぬのでそこは注意が必要かもw F完のダンバインみたいなもんだと思っていただければよろしいかとw

ダンガイオー。
インパクトではあれほど強かったんですけどねぇ…。今回明らかに弱体化してます。突出したところがないので必然的に倉庫要員になってしまいました。顔グラが昔の絵のままなのは好感持てるんですけどね…。

マジンガー。
倉庫要員。というかぶっちゃけいらない。なんで旧マジンガーをいつまでも出すんだろうか。意味がわからないです。鉄の城も所詮旧式ということなんでしょうか…。

マーズ。
3次αの悪夢再び! かと思いましたが今回はそうでもありませんでした。ストーリーにも絡みますしタングラムも出てきます。ただそれでも主力にはならなかったですねぇ…。ハッターがアタックコンボ要員として活躍した程度でしょうか。

オリジナル。
今回これが一番ダメでした。
主人公、ヒロイン共に弱い(油断すると速攻で死にます。1話で死にかけた時はさすがにビビリました)+まったく魅力を感じない。メカもよくない。敵にも魅力がないとダメダメ三重奏。最初は負け犬フラグか!? とも思ったんですが…。結局そのまま終わってしまうという…。
Wでのオリジナル勢があまりにもよかったんで、かなり期待したんですが…。残念でしたね。

あとシナリオ。
まあ、毎度スパロボにシナリオを求めるのが間違っているわけですが、今回は特に顕著でした。なんていうかまとまってないんですよ。中途半端。正直Wみたいに50話前後まで増やせばよかったのになぁ、と思いました。そしたらもうちょっとやりようはあっただろうに…。

そんなわけで今回のスパロボK。全体的な点数は70点ってところでしょうかね。アニメーションとかはかなりいいんですが、やっぱり話自体に魅力がないと…。やっていて苦痛なゲームはだめですよ。いくらなんでも。スパロボじゃなかったら50点いってないかもです。

P・S 小説の方は全体の5分3ほど進みました。スパロボも終わりましたし、ペンの進みも早くなるはず…です。
[PR]

  by torukuru | 2009-03-31 01:13 | その他

<< もはやRO日記でなくなっているかも… 信じられないことに >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE