本気かなぁ…これ…。本気なんだろうなぁ…

こんにちは。トルクルです。
まさかまさかの奇跡の三日連続更新です。
ですが今回はあまり明るい内容ではないので注意。

皆様は知っておられるでしょうか?

『東京都青少年健全育成条例改正』

なるものを。
これは簡単に言えば18歳未満に見えるキャラクター全ての登場を規制する、というものなんですね。
外見が18歳未満ならそれだけでアウト。取り締まり対象は漫画、アニメ、ゲーム、小説、映画…つまり全ジャンルです。
これ前々から色々言われてきてはいましたが、自分は通るわけないだろ。と思ってました。
だって、これが通ったら日本の重要文化の一つである『創作物』全てがダメになるんですから。漫画、アニメ、小説、映画、ゲーム、これらの持つ価値は今や日本にとってはかかせないもの。それをぶっ壊すなんてありえない、と思っていたんです。
…ところがこれ、このままだと通りそうだ、いうことを知ってビックリしました。
…おいおいマジかよ。ありえないだろ…。
わざわざ日本の文化の一つを潰すとか、何考えてるんだよ…。
いやぁ…正直今の日本は迷走してるし、政府がダメダメなのもわかってましたが…。
そもそもこの問題とされている『児童ポルノ』の認識が海外と日本では違うんですよね。海外では『児童ポルノ』はいわゆる人身売買・売春のこと(細かくは違いますが)なので、この法律が問題視している事とは違うんですよ。それに『未成年による犯罪が増える』ということですが、調べるとそうでもないんですよね。日本はG8の中じゃあワースト1ですよ。未成年による犯罪は。欧米とかと比べると天と地の差。そういうのわかってるのかな…。
それにこの法案で自分が一番危険だと思ったのは、これ思想統制の危険があるんじゃないか? と思ったことです。
だって極論で言っちゃうと、『漫画持ってるやつは認知症』ということになりかねませんよ。実際この法案を送りつけた人の一人が『子供に対する性暴力漫画を好む人達を放免するとなれば、その人達は認知症を起こしている』なんて言っちゃってるみたいですし。つまりこれって『反対する人達は認知症』って言ってるようなもんでしょ? 
そりゃ性暴力漫画を好む人ってのは、自分も正直あまり好きじゃないです。残酷描写は好きじゃないですよ。でも、この言い方はハッキリ言って認知症の方々に失礼。認知症の人達と、性暴力漫画を好む人はまったく別です。この言い方は差別そのものでしょう。

とりあえず自分の言いたいことはこんなところです。
正直自分の話だけでは詳しいことはわからないと思うので、もしよければここ↓

東京都青少年健全育成条例改正のまとめサイト

を見てください。
そしてもしこの法案に反対だと思うのならばここのサイト↓

コンテンツ文化研究会で3/7に集会がありました。

をよく読んで陳情しましょう。自分もする予定です。このままだとマジで日本の文化が潰されることになりかねませんし…。

それでは本日はこれで。
[PR]

  by torukuru | 2010-03-09 22:03 | その他

<< 最近おかしいぞ… ちょっ! マジか!? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE