我慢できなかったよ…

こんにちは。トルクルです。
え~大分前に自分はこんなことを言いました。


『リリカルなのはMOVIE 1st』は完結するまで見ない! 

と。
…前言撤回です。ごめんなさい、見ちゃいました。
だって! だってさ!! 地元近くのワーナーが放映してたんだもん!!! なら見るしかないじゃない!!!!
そんなわけで今回は『なのはMOVIE 1st』の特集ですw

でもその前に少し余談。

電撃文庫の『さくら荘のペットな彼女 2』が発売されたので買って読みました。

うむ。この巻のヒロインは七海だね。

それくらい七海が目立ってました。タイプ的にはしっかり者+ツンデレというスタンダードなキャラだし、普通の作品ならヒロイン枠に収まる子ですね。…ただこの子絶対『文学少女』の琴吹ななせみたいになるんだろうなぁ…。その恋心が報われることはまずないでしょうね…。正直この子が主人公に一番近づける女の子だし、その素質は十分にあるのに…。
そして前回微妙と称した主人公とヒロインは前回よりもよくなったかな。主人公は一本芯が通ったせいか、きっちり自分の道を歩き始めているし、七海へのつたないながらのフォローもしてましたしね。
ヒロインのましろは前回は心理描写があまりにもなかったせいか感情移入がまったくできなかったんですけど、今回はライバルの七海が登場したことによってちょこちょこその心理が描かれていたので。ようやく実体が見えてきた感じ。…まあ、正直ましろが主人公に抱いている気持ちが恋心なのかどうかは怪しいものですが…。自分的にはまだそこまでの感情ではないかな~っと思ってます。微妙なところではありますが。
そしてもう自分が一番注目してるカップル、仁と美咲については。
…うわぁ。こりゃ~厳しいなぁ…の一言ですね。仁の気持ちはわかるようなわからないような…。でも相手にとって自分が負担にしかならないのなら自分もおそらくこういう行動を取るんだろうなぁ…。仁と美咲の二人の間にはあまりにも高い壁があるのでそこをどうするのか、どうもっていくのか。注目ですね。


では『なのはMOVIE』にいきます。



感想を一言で表せば、


最っ高!!


の一言で終わってしまうんですが、それだけではやっぱりダメだと思うのでちょくちょくと。
まず劇場版の一番の目玉である戦闘シーン。
凄まじいです。動く動く。そしてド派手でかっこいいことw 都築さんの趣味なのか音がもうメカニック度MAXでリリカルなんてどこに行ったの? って感じでしたww レイハさんやバルディッシュの姿を見れば一目瞭然だと思いますがww 魔法少女って設定ですよね? これwww
そして話題のスターライトブレイカーのシーン。

これヤバイってw 威力が完全にStSを超えちゃってますww ファンの間では戦略核レベルともww そして見て激しく納得。派手にも程がありますよww BGMと合わさってなのはが完全にボスに見えました。少なくとも主人公のBGMじゃないです、これwww

そんなボス曲はこちら↓


これ最初聞いたときにはどこの宇宙怪獣の登場BGMだよと思いましたw

もちろん大満足ではあったんですが、ちょっとだけ不満もあります。
それはクロノの活躍が圧倒的に減った。ということです。クロノ名台詞もなくなっちゃいましたしね。まあ、焦点がなのはとフェイトの二人に完全に絞られてましたからこれはしょうがないことだと思いますが(ちなみにフェイトの修行時代。リニスのシーンがでたのはよかった。これはTV版だとドラマCDでしたし。これが出たことによってプレシアの感情移入度が増しました。…最後切なかったなぁ…)。

こんなところですね。
ちなみに自分は一つ勘違いをしていて、この1st。プレシア事件は解決するけど、まだ続くと思っていました。すなわちなのはとフェイトは友達にはならず、フェイトは絶望したまま。という展開だと思っていたんですよね。
こういった勘違いをしたのはニュータイプかなんかに載っていた漫画を読んだから。だから敬遠してたんですよ。もしこういった結末なら一気に次のを見ないとやってられないじゃないですか! でも違ったみたいでよかったよかった♪ やっぱ『なのは』は第一期が一番好きだなぁ…。いいですよね!!
あ。もちろんサントラ購入は決定しましたw あんなの見たら買わない訳にはいきませんよwww
[PR]

  by torukuru | 2010-04-14 21:12 | その他

<< 時間が経つのは早いものよ… 風流ですねぇ… >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE