やっぱりLOVE&PEACEですよ

こんにちは。トルクルです。
さて、昨日言った通りトライガン劇場版、観てきましたよ!
…で。感想はというと…。
面白かった。面白かったんですけど…なんかどうもいまいちっていうか…なんていうか…。
話の時間軸は多分フィフスムーンの前ですね。内容というか雰囲気はTVアニメ前半のトライガンを想像してもらえればわかりやすいかと。すなわちヴァッシュはまだバカがやれてて、メリルとミリィはそれを追いかけて、ウルフウッドはそんな一行を見て「やれやれ」と首を振る。そんな感じです。
したがって話自体がなんていうか『軽い』んですよ。それだけならまだしも変なところでシリアス入って、しかもその話がなんかマッチしてない。浮いてる印象なんですね。そんな浮いたシリアスで『ヴァッシュらしさ』を出そうとするから空回ってる。全体的になんか話が噛みあってなかった。そんな印象を受けました。
う~ん。キャラや世界観は抜群にいいのは最早説明するまでもないのですが…。料理の仕方を間違えた。そんな感じでしょうか。したがってトライガンファン―――それもよっぽどの―――でなければ観るのはオススメできないかな…。話は内藤先生自らが作ったらしいですけど…。やっぱりナイブズとかレガートとかの『いい悪役』がでなかったのも原因でしょうかね…(今回は敵役ガズバックはネオンの焼きまわしのような感じがしてしまって…)。

まあ、とりあえずこれで『なのは』、『トライガン』と制覇したので残りは『文学少女』のみとなりました。…でも未知数なんですよねぇ…。美羽が出るみたいなんで観たいとは思うんですけど…(自分が一番印象に残っているキャラです、美羽は。というかあんなキャラ出されたら無視するのは無理ですよw ななせや遠子なんて目じゃないです)。
まあ、これも様子見ですかね。調べてみて興味が沸いたら(具体的に言えば『道化師』以外の話が出るなら)、観にいってみようかと思います。

…しかしなんだか最近アニメ映画を観る事が多い気がするw なぜだww
[PR]

  by torukuru | 2010-05-12 21:42 | その他

<< これはヤバイ 時間が経つのは早いものよ… >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE