いいんだろうか…

こんばんは。トルクルです。
さて、今回はお金ーー障害者年金というものについてお話しします。
以前に言った通り、自分は障害者手帳一級を所持しており、それの恩恵を受けて生活しています。この障害者手帳は様々な等級があり、自分が持っている一級は最上級のものであります。したがって受けられる恩恵も結構あるのですが、これは今回置いておきます。メインではないので。

…さて、人が生きていくなかで絶対に必要なものって皆様はなんだと思います? 自分は『身体』とそれを支える『意思』。そして『お金』だと思っています。
この三つがないと何も出来ません。本当に。

…で。今回の障害者年金は文字通り、障害者認定されている人にお金を配給するというもの。これも様々な等級に別れていて、金額はそれぞれに違うのですが、一級認定を受けた自分はなんと月に約82000円もの大金が支給されていました。申請が通ってから三ヶ月が経過しているの大体240000ものお金が振り込まれていました。…勿論期限があり、約二年で終了するのですが。それでも合計するとおよそ二百万もの大金が支給されることになります。しかもこの制度、生活保護とは違って生活制限とかないんですよ。
これを知った自分の感想は『嬉しい』ではなく『怖い』でした。
いくら重度の障害者だからって、いくら働けないからって、そんな大金が簡単に(実際には簡単ではありませんが)支給されるというのは…。

ーーまあ、自分は有効活躍させてもらいますけどね。実際とても助かりますし。そこら辺はもう割り切ってます。どれだけ否定しようが、自分はもう障害者。普通の人とは良くも悪くも違う身。ならそれを利用させてもらいます。最大限に。自分が自立するためにもね。
ただ無駄遣いだけは決してしないように心に戒めなくては。このお金は自分の未来を切り拓くため。
そういう風に使いたいと思います。
[PR]

  by torukuru | 2011-08-09 23:34 | その他

<< 海馬に電極ぶっ刺されたいの? そういえば >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE