私は新世界の神だ(笑)

こんばんは。トルクルです。
いえ、今日やっていたルパン三世の最新アニメの悪役の1フレーズなんですけどね(笑) 思わず笑っちゃいましたよ。あんたどこの回し者だよ(笑)
さて、今回のルパン。不二子、五ェ門、とっつぁんのキャストが変更という事で話題になっていましたが、概ね不満はなかったです。でもやっぱりちょっと違和感あったかな~。特にとっつぁん。なんていうかキャラ違くね? まあ、これは脚本のせいでもあるでしょうが。
ストーリー全体を評価するなら『いつも通り』ってところでしょうか。ただいつも通りすぎてインパクトに欠けるかな。印象には残らないな。長編シリーズ物の弊害ってやつでしょうかね。しょうがないっちゃしょうがないんですが…。

むしろ今回(っていうより今日ですね)印象に残ってるのは『劇場版 空の境界 ー痛覚残留ー』の方ですね。空の境界は一応原作読了済みで、一番印象に残ってるのがこの話だったので借りて見てみたんですが…。
あ~…やっぱ流石だわ。原作の雰囲気見事に出てる。あの救われなさっていうか退廃的な雰囲気をきちんと出せるか心配だったんですが、杞憂でしたね。いいアニメ(っていうとあれですけど)でした。
きのこさんはFateのセイバールートみたいな王道な話じゃなくて、こういう話の方が自分は好きだなぁ。月姫の時も思いましたけど、アルクとかの表ルートより、琥珀とかの裏ルートの方が引き込まれたし。
ちょっと原作を読み直すのもありかもしれませんね。これを機に。自分なり批評を書きたくなってきました。…難しいし、自分じゃ役不足だと思いますが…。
[PR]

  by torukuru | 2011-12-02 23:33 | その他

<< もう、ぐっちゃぐちゃですわ どうしよ… >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE