『人間』を創るのはなんなのか

ふと、今日見た映画『アメリカン・ヒストリーX』を見て思いました。
こんばんは。トルクルです。
この映画のあらすじは、

主人公である青年デレクは白人史上主義者にしてネオナチ主義的な集団に加わっていたが、ある日黒人達を殺してしまい、刑務所へ入れられる。彼がそこで何を見、何を感じて、どう変わったかを描く物語。

この映画はアメリカにかつてあった(ひょっとしたら今もある)『人種差別問題』を真っ正面から迎いあい、描ききった意欲作です。
日本人にはあまり馴染みがないこの問題(日本は鎖国していた事もあって単一民族ですから)、ですが最近のニュースとかを見ると他人事じゃないよな。と思いますね。地方はともかく都心に行けば今は国籍様々な人達がいますから。
…まあ、そこら辺を語り出すとキリがないし、自分如きが偉そうな事を言えるわけでもないのでここはカット。初めに戻ります。
ズバリ『何が人間を創るのか』。
生まれ持った肉体か。そも人が受けた教育か。今までの経験ー記憶と言ってもいいーか。
自分的にはその三つは繋がっていて切り離せないと思ってますが、それでも敢えて言うなら経験ー記憶ではないかと。記憶喪失などになった事はないので断言できませんが、もし自分が今までの記憶を全部なくしてしまったら。最早それは外見が同じだけの他人ではないかと。わかりやすく言うなら一卵性双生児は同じ人間か? という事です。勿論答えは否ですよね。同じな訳がありません。ただひょっとしたらまったく同じ人間を創る事も可能かもしれません。まったく同じ教育を施し、まったく同じ経験をすればひょっとしたら…。
…なんか映画の批評じゃないな。最近こんなのばっかりで情けないが。
ただ複雑すぎてまとめきれないんですよね。ただ『凄い』。それしか言いようがないんです。映画初心者の自分に役者の演技とかカメラワークとかは説明できませんから…。
そんなわけで、オススメです。機会があれば是非!
[PR]

  by torukuru | 2011-12-09 00:23 | その他

<< ついにようやく! 素晴らしいね >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE