北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

ボス狩りは金との戦い

はい。お待たせしました。回顧録7 後編。ボス狩りです。
最近忙しくなってきたせいで書く時間はおろか、ろくにインすらしてません…;; くっそぉ…。
まあ、そんなわけですが(どんなわけだ)どうぞ!

ラグナロク・オンライン 回顧録
 
 7 一撃必殺! 奥義、阿修羅覇凰拳!! 後半


「今日はボス狩りにいこう!」
 突然響いた声にたまり場にいた彼とシノギさん、myouさんは揃って声の主に視線を向けた。
 声の主―――ウィザード姿のテンさんは拳を握りしめて、
「トルさんも無事阿修羅を覚えた! 面子も揃ってる!! 時間帯も悪くない!!! ならば、ボス狩りしかない!!!!」
 そう力説する。
 残りの三人は顔を見合わせて、
「俺は別にいいけど」
「かまいませんよ~」
 シノギさん、myouさんは異論はないようで了承する。
 だが彼は、
「え~と…そう言っても武器もアイテムもないんですけど…」
 そう。阿修羅ボス狩りに必要な武器や、回復アイテムを彼は持っていなかった。理由は―――悲しいかな、お金不足。世の中、現実もMMOも金なのだ。
 だがしかし、
「なんとかなる!!」
 テンさんはその一言で彼の言葉を一蹴した。
「………なんとかなるって………」
 ふうっと彼はため息。
 そんな彼を見てmyouさんが、
「ま、まあまあ。回復アイテムなら少しだけどあげるよ。………武器に関しては協力できないけど」
「………すみません、いつもいつも………」
 親切さに頭を下げるしかない。それに気にしないでとmyouさんは手を振って言う。
「では、準備ができ次第各自ボスを探すこと! OK!?」
「は~い」
「う~い」
「りょうか~い」
 こうして各自分かれてMVPボスを探すことになった。
 主に彼が黄金蟲、myouさんが超兄貴、シノギさんがフリオニ、テンさんがロボである。
『超はいないな~』
『鬼もいませんね~』
 myouさんとシノギさんからはそんな報告がされる。
「さて、こっちはいるかな………っと」
 プロンテラ地下下水道。ここは現実ならばおそらく史上最悪のダンジョンである。ここは現実のゴキブリに似たモンスター、盗蟲の巣窟となっているからだ。想像してみてほしい。大量のゴキブリが一斉に飛び掛ってくる様を。………恐ろしすぎる。
「まあ、ROでは大したことないんだけどなっと」
 飛び掛ってくる盗蟲をソードメイスで殴り倒して彼は先に進んでいく。
 そして地下4F。
「テレポート! テレポート! テレポート!」
 瞬間移動スキルテレポートを使いまくって彼は部屋のあちこちに移動する。探す時間を短縮するためである。
 そして数刻後その輝く姿を発見する。
『いた~! 発見!!』
 Gチャを使って彼はメンバ~に呼びかける。
『OK!』
『すぐ行くから!』
『わかりました!』
 各々返答があり、数分後には全員がその場に集った。そして作戦タイム。
「じゃあmyouさんは支援、俺はSG、シノギさんはグリム、トルさんは阿修羅ね」
 各自頷く。
「それじゃあ始めるよ。開始の狼煙はトルさんの阿修羅でよろ!!」
「了解! トルクル、いきま~す!!」
 阿修羅・覇王拳!!
「ストームガスト!」
「レックスエーテルナ!」
「グリムドゥース!」
 たちまち黄金蟲は傷を負い、弱っていく。
 そして数秒も経たないうちに、
「よし! トルさん、トドメだ!!」
「はい!」 
 テンさんの言葉に頷き、彼は再び阿修羅を打つ準備をする。
 しかしこの時、彼は気がついていなかった。テンさんがニヤリとほくそ笑むのを…。
「レックスエーテルナ!」
 大量の剣が黄金蟲の頭上に降り注ぎ、効果を発揮する。
「阿修羅・覇凰拳!!」
 全てを力をのせた拳の一撃が黄金蟲と、そして彼自身に炸裂した!!
「!!!????」
 悲鳴もあげることができず、倒れる彼。
「い、いったいなにが…?」
 彼の胸中を代弁したのはシノギさんである。そしてそれに答えたのは…やはりテンさんだった。

「黄金蟲はリフレクト・シールド(近距離のダメージを跳ね返すスキル)を持っててね。最初の一発は発動しないんだけど、攻撃を受けると発動するの」
 つまり彼は阿修羅のダメージを何割か自分にもらったということだ。彼が与えたダメージはおよそ80000。10%でも返ってきたら、彼は即死するダメージである。
「し…知ってましたね…」
「さあ? なんのこと?」
 すっとぼけるテンさん。
「この…悪人…」
 がくり。彼は力尽き、カプラ転送によってセーブポイントへ戻された。


はい。いかがでしたでしょうか。ボス狩り編でした。
実はこの前にフリオニと戦っているんですが、あまりに弱かったんで印象があまり残ってないんですよねw なのでこっちにしました。
ここで起きたことは多分阿修羅初心者なら一度は経験してるはずですw 黄金蟲のRS、嫌ですよね。マジで。まあ、一撃で葬ればそんな心配はしなくてもいいんでしょうが、そんなこと自分はできませんし…。この前のパッチでボス強化されたらしいですが、黄金蟲はいったいどうなってるんだろうなぁ…。やっぱり雑魚扱いなんだろうか…。
この後、ロボにも戦いを挑みましたね。黄金蟲とは違ってかなり苦戦しましたよ。なんとか倒しましたが。ちなみにその時は確か闇の目隠しが手に入ったんだよな。あれが初めてのボスレア獲得でした…。

P・S 一人メチャクチャ性格が悪い人がいますが、これはあくまで事実にもとずくフィクションです。実際はこんなことされてませんw というか、この時はメンバの誰も黄金蟲のRSのことなんてしらなかったですし。
■  [PR]

 by torukuru | 2007-11-17 11:33 | 回顧録

<< 集え、仲間達よ! とりあえず… >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE